Via(ボトルタイプ) ご使用方法


  1. ご使用になる前に丁寧に洗ってください。
  2. 蓋を取り外し、蓋とボトルを別々にして、食器などと同じように洗浄してください。
  3. 洗浄後はしっかりと乾燥させてください。
  4. 下蓋にジェムポッドを蓋に垂直にゆっくり装着してください。
  5. ガラスボトルを下蓋に装着してください。
  6. 飲み口のところから直接水を注ぎ、少なくとも7分~10分、時間をおいて水を飲んでいただけます。

ーVia(ボトルタイプ)ご使用時・お手入れ時の注意事項―

  • 尚、Via ヴィアのジェムポッド(鉱石の入った部分)の開閉はできませんので無理に開けないようにお気を付けください。
  • 長時間のご使用により水垢が付着した際には、レモンの搾り汁・又はお酢を使って取り除いてください。
  • 蓋部分のシリコンワッシャーも定期的に(1~2週間に1度)外して洗浄してください。
  • ボトルは食洗器のご使用が可能です。(ジェムポットと蓋の部分は、食洗器をご使用になれませんのでご注意ください。)
  • 水がボトルの側面を伝って、下蓋と瓶のネジの隙間に入らない様に注意してください。(水を飲む時に、下蓋と瓶のネジの隙間に入った水がこぼれてくることがありますが、水漏れではありません。)
  • 万が一、下蓋と瓶のネジの隙間に水が入ってしまった場合、上蓋を閉めて逆さまにし、下蓋と瓶のネジの隙間に入った水を取り除いてからご使用ください。
  • バッグなどに入れて持ち運ぶ場合、できる限りジェムボトルを縦にしてお持ちください。稀に、ジェムボトルに入れた水量が少ない状態で長時間ジェムボトルが揺れている状態になると、ジェムポッドが外れ、ガラス瓶にぶつかった時に破損する恐れがあります。
  • シリコンパッキンへの色素沈着ージェムボトルに長時間お茶などを入れていますと、蓋に装着されているシリコンパッキンに色素沈着することがありますが、使用上は問題なくご使用いただけます。

 

Decanter era for Batton デカンタエラ ご使用方法


  1. エラの蓋の部分に下からバトンを差し込んでください。
  2. ゴムの留め具をバトンのステム(柄の部分)に取り付けます。
  3. ゴムの留め具を押し下げ、蓋にはめ込んでください。
  4. エラのボトルのサイドにバトンが当たらない様、バトンを装着した蓋をエラに入れ、ゆっくりと回してボトル部分にはめ込んでください。(ロックはされませんが、しっかりと固定されます。)
  5. 蓋・バトンの部分を取り外さずに、蓋の開いている部分から水をデカンタに注ぎ、少なくとも7分~10分時間をおいて水を飲んでいただけます。

―Decanter era for Batton デカンタエラ ご使用時・お手入れ時の注意事項―

  • デカンタエラは食洗器のご使用が可能です。 


 

Vita Juwel 製品を安全に使っていただくために・・・


・割れやすい製品ですのでお取り扱いには十分注意を払ってください。

・他のガラス製品と同じ様に、丁寧にお取り扱いください。

・破損する恐れがありますので、衝撃を与えないでください。

・冷凍庫・電子レンジのご使用はお控えください。

・万が一破損した場合、使用を即中止してください。

・お子様のいるご家庭ではお子様の手の届かないところに置いてご使用ください。

 

トラブルかな?と思った時に・・・・


【Via ヴィア】

〈水漏れ〉

1.水をボトルに入れる際に、蓋とグラスのネジの隙間に入ってしまった水を漏れだと思う。

→ 下蓋と瓶のネジの隙間に水が入ってしまった場合、上蓋を閉めて逆さまにし、下蓋と瓶のネジの隙間に入った水を取り除いてからご使用ください。

2.蓋が十分にきつく締まっていない場合

→ 一度蓋を外し、再度きつく蓋を締めてください。

3.上部蓋、下部蓋のシリコンワッシャーがしっかりと平ら入っていない場合。

→シリコンワッシャーを上下逆にして蓋の溝に平らに装着してください。

(これでほとんどの水漏れは改善されます。)

4.稀に蓋部分のシリコンワッシャーが薄くなってしまっていたり、ひとつひとつドイツの職人による手作りで作られている為、ガラスボトルが不良の場合がございます。1~3をお試しいただいても、水漏れが改善されない場合、(株)ヴィタジュエルジャパンにお問合せください。

 

Q&A


Viaヴィア(ボトル)には水以外の飲み物を入れることも可能ですか?

  • 水だけでなく、お茶、ジュース、コーヒーなども入れることが可能です。

お茶などを淹れる際、熱いお湯を注ぐことも可能です。

(熱いお湯を注いだ場合、即座に素手でボトルを持つと火傷の恐れがありますので、少し湯温が冷めるまでお待ちいただくなどして、お気を付けください。)

※専用のティーストレーナーを使ってお茶を淹れていただきますと、お好みのお茶をより美味しく召し上がっていただけます。